クリニックブログ

メディカルダイアローグ

2019年10月16日 (水)

五条にしかわ歯科クリニックの西川です。

 

先日、メディカルダイアローグ関西基礎コース第3回を受講してきました。

img_3576 img_3577

これだけ見たら、何を学んだのかわからないですよね。

今回学んだことの中のメインは、「アナロジー(たとえ話)」でした。

これまでの医療面接は、「聞く(hear)」でした。それが、少し発展して「聴く(listen)」になりました。尋問から傾聴に変化したわけです。

しかし、聴くだけではあいての本音は出てきませんでした。そこで、「訊く(ask)」となったわけです。

訊く=尋ねる です。

相手(患者さん)に尋ねることで、本音の部分を探し出していきます。これも、ただ尋ねるだけでは尋問と変わりません。事情聴取ですよね。なので、相手の意識に尋ねるのではなく、無意識の部分に尋ねていくわけです。

 

過去から現在までを訊きます。これは、診断をするためです。

そして、未来ついて訊きます。これで、治療のプランを立てます。

質問としては、「どうなったらいいなあ、と思いますか?」です。

 

僕自身、習ったことを整理している途中なので、まだしっかりと理解できていないところがたくさんあります。

学んだことは誰にとっても大切で、利益を産むことなので、頑張って学んでいこうと思います。

 


カテゴリー: 未分類

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽に!

075-555-7441

  • お問い合わせ
  • アクセス