虫歯治療

虫歯治療は、虫歯の進行度に合わせて最適な治療をおこなう事が大切です。以前に比べ現在の治療では、今までは大きく削らなければ治せなかった虫歯も小さく削って治せたり、歯の神経もできるだけ取らずに治療ができたりと高精度になりつつあります。ここでは虫歯治療の基本的な考え方やその治療法について解説させていただきます。

脱灰と再石灰化

口の中では一日に何度か、食事とそれ以外の活動に応じて、歯の成分に変化が起きています。それはカルシウムやリン酸が溶け出す「脱灰」と、溶け出した成分が再び歯に戻る「再石灰化」です。

この2つの働きによって、歯は溶け続けることなく、修復され、状態を保っているのです。脱灰が再石灰化を上回ると、歯の表面が溶け、虫歯の始まりとなります。

再石灰化は唾液やフッ素によって起こるため、フッ化物入りの歯磨き粉で歯を磨くことが虫歯予防に有効です。

虫歯はどうしてなるの?

脱灰が多くなると虫歯が進行していきますが、その脱灰を起こしているのは、ミュータンス菌などの虫歯原因菌です。ミュータンス菌が砂糖をグルカンに変えると、歯の表面に細菌が付着します。

さらにミュータンス菌はここでスクロースなどの糖から強い乳酸を産生させ、脱灰を起こさせる仕組みになっています。酸はその後も歯垢の中で停滞し、乳酸をつくります。

虫歯を起こす際のカギには、以上のようにミュータンス菌の他に、砂糖があります。そこで虫歯を防ぐためには、糖分の摂取量を減らし、おやつは短時間で食べてしまうことが大事です。

虫歯の進行

初期虫歯

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。適切なブラッシングやフッ素塗布などで再石灰化により治すことができます。

エナメル質の虫歯

エナメル質がさらに溶け、黒ずんだ状態。まだ自覚症状はありませんが、多くが歯科医院での検査で発覚します。レジンで治療します。

象牙質の虫歯

象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものだけでなく熱いものもしみるようになります。大きく削ってインレー(詰め物)を詰めます。

神経まで達した虫歯

神経まで虫歯が進行した状態。激しく痛むため、神経を除去する根管治療を行います。炎症が進行すると、神経は腐り、死にます。

歯根まで達した虫歯

歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死んだため、いったん痛みは引きます。多くの場合、抜歯が必要です。その後義歯治療などを行います。

虫歯に合わせた治療を行います

食事中に急に奥歯が欠けたことはありますか?よほどの硬いものを噛まない限り、適切に噛み合わせたなら健康な歯は欠けることはありません。このような咀嚼による欠損には、空洞化した虫歯が隠れている可能性があります。

中が虫歯になっている歯は欠損のおそれがあるため、検査で状態を確認し、虫歯の大きさに合せた治療が必要になります。欠損が小さなときはインレーにて治療することが可能です。

欠損が大きい時はクラウンで補綴治療を行います。検査をして、虫歯が神経まで達している場合は神経を除去する根管治療を行います。


虫歯治療のコンポジットレジン

コンポジットレジンは硬質レジンとも言い、歯科用プラスチックの一種です。初診当日か2回の通院で治療が完了し、歯を削る量も少なくて済みます。金属やセラミックの修復物よりは強度が高くありません。また、経年劣化のため摩耗や欠損が起こることもあるため、大きな虫歯や奥歯には別の修復物を使用します。

神経近くまで削ったときは覆髄

虫歯が深いときは、歯の神経が露出するほどかその付近まで削らなくてはならないときがあります。
そのとき、神経が虫歯になっていない場合、神経を保護して詰め物を行うことを覆髄と言います。これによって、歯の神経を抜かずに済み、できるだけ歯を削らない治療が可能です。

神経が感染していたときは
根管治療

虫歯が象牙質を経て、神経まで達していた場合は、神経を除去する根管治療を行います。
これは根管を消毒し、修復物を装着する治療で、消毒には数回の通院を要することがあります。感染した神経は放っておくと根の先が膿むことがあり、いずれは除去しなくてはいけません。

歯髄温存治療(Vital Pulp Therapy)

神経まで達してしまうような大きなむし歯でも、治療方法次第では歯の神経を保存できるようになりました。
これまでも、『3-mix』や『ドックスベストセメント』など、神経を保存するための薬剤はありました。しかし、治療方法が非常にシビアで、一部の先生は上手くいっているけど大多数の先生は成功しない症例が多くなってしまいました。MTA(Mineral Trioxide Aggregate)セメントは、確実に虫歯を取り切った後使用します。神経が露出した部分に使用することになりますが、使用方法そのものは簡単なので、比較的Drの技術に左右されにくい薬剤です。当院では、『Bio MTAセメント(モリタ)』という薬剤と、『Mapシステム』というMTAセメント専用の充填器を使用しています。

*歯髄温存療法の注意点
治療前の時点で痛みなど不快症状がある場合、歯髄温存療法は適応外になることがあります。痛みの発現から現在の症状などをしっかりと検査した上で、治療方法を決定します。

歯髄温存療法は、保険外治療となります。

症例

ファイル破折

根管治療に使用するファイル(ヤスリみたいなもの)が折れていました。前医では『ファイルが折れている根を、抜歯しないと治らない』と言われたそうです。幸いなことに、あまり根の中を削らずに撤去できました。

  • 症例画像 ファイルが破折して神経の管に残っています。
  • 症例画像 無事取り除けました。

取れたファイル。長さは、およそ2~3ミリです。
ときどきこのような症例がありますが、基本的に感染を起こしていなければ、無理に撤去するようなことはしません。この患者様にも、「撤去できなければそのまま置いていて、症状が出た時には対応します」と伝えて処置しました。

根管治療後、中断。6カ月放置

被せ物のやりかえの為、根管治療をしていましたが、根管充填後に治療を中断されました。仮の蓋のままだったので、中で細菌感染を起こし、さらに虫歯が進んでしまいました。歯の保存不可能なところまで虫歯が進行してしまったため、2本とも抜歯になっています。

  • 症例画像 根管治療直後
  • 症例画像 半年後
  • 症例画像 青く染まっているところは、新しくむし歯が進行してしまった部分です。
  • 症例画像 中で穴が開いています

このように、根管治療中の中断は非常に危険です。治療前より状況が悪化してしまうことが殆どですので、必ず最後まで通院しましょう。

虫歯治療から数年経って再治療(抜髄処置)

以前に治療した歯が痛み出して、抜髄処置が必要になったケースです。手前の歯に大きな詰め物が入っていました。痛みの経過を見ていましたが、我慢できない痛みに変化したので、やむなく神経の処置を進めました。

  • 症例画像 初診時
  • 症例画像 根管充填時

歯髄炎(歯の痛み)の程度として、いくつかの段階に分かれます。

  • ①冷たいものがしみる、甘いものがしみる
  • ②温かいものもしみる、咬むと痛い
  • ③夜になると痛みが強く出る
  • ④何もしてなくてもズキズキ痛い。

原因は、虫歯や歯周病、破折、知覚過敏など様々ですが、①から④に行くにつれ、痛みの程度は増していきます。
先ほどの患者様は、治療そのものはおそらく問題はなさそう(むしろ丁寧な治療だと思いました)。しかし、外からの刺激に負けてしまい、詰め物も剥がれかけていたので、再び処置が必要になりました。症状としては、④の段階まで進行していたので抜髄処置を選択しています。


この1回目の抜髄処置をしっかりと行うことで、ダメージを受けている歯を少しでも長持ちさせることが可能になります。この時点で適切な処置が行えていれば、再治療が必要となったとしても被せ物のみのやりかえで済みます。そのためにはラバーダム防湿をしっかりすることや、滅菌された清潔な器具の使用は必須となります。

感染根管治療

いわゆる神経の治療のやり直しです。私自身、この治療は本当に難しいと感じています。歯を残すための治療ですが、再度歯の中を削らなければならず、結果的に歯の寿命が短くなることもあります。ある程度最悪のケース(抜歯)も視野に入れながら患者様に説明をしています。
この患者様は、歯の根と同じくらいの膿が骨の中に溜まっています。神経の処置+切開して膿の袋を掻き出しています。治るかわからない状況でしたが、なんとか骨ができてきました。この歯はこれ以上の治療の介入はできないので、次の処置はおそらく抜歯となります。

  • 症例画像 初診時
  • 症例画像 根充直後
  • 症例画像 半年後
  • 症例画像 1年後
  • 症例画像 2年後

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽に!

075-555-7441

  • お問い合わせ
  • アクセス