虫歯治療

虫歯治療は、虫歯の進行度に合わせて最適な治療をおこなう事が大切です。以前に比べ現在の治療では、今までは大きく削らなければ治せなかった虫歯も小さく削って治せたり、歯の神経もできるだけ取らずに治療ができたりと高精度になりつつあります。ここでは虫歯治療の基本的な考え方やその治療法について解説させていただきます。

脱灰と再石灰化

口の中では一日に何度か、食事とそれ以外の活動に応じて、歯の成分に変化が起きています。それはカルシウムやリン酸が溶け出す「脱灰」と、溶け出した成分が再び歯に戻る「再石灰化」です。

この2つの働きによって、歯は溶け続けることなく、修復され、状態を保っているのです。脱灰が再石灰化を上回ると、歯の表面が溶け、虫歯の始まりとなります。

再石灰化は唾液やフッ素によって起こるため、フッ化物入りの歯磨き粉で歯を磨くことが虫歯予防に有効です。

虫歯はどうしてなるの?

脱灰が多くなると虫歯が進行していきますが、その脱灰を起こしているのは、ミュータンス菌などの虫歯原因菌です。ミュータンス菌が砂糖をグルカンに変えると、歯の表面に細菌が付着します。

さらにミュータンス菌はここでスクロースなどの糖から強い乳酸を産生させ、脱灰を起こさせる仕組みになっています。酸はその後も歯垢の中で停滞し、乳酸をつくります。

虫歯を起こす際のカギには、以上のようにミュータンス菌の他に、砂糖があります。そこで虫歯を防ぐためには、糖分の摂取量を減らし、おやつは短時間で食べてしまうことが大事です。

虫歯の進行

初期虫歯

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。適切なブラッシングやフッ素塗布などで再石灰化により治すことができます。

エナメル質の虫歯

エナメル質がさらに溶け、黒ずんだ状態。まだ自覚症状はありませんが、多くが歯科医院での検査で発覚します。レジンで治療します。

象牙質の虫歯

象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものだけでなく熱いものもしみるようになります。大きく削ってインレー(詰め物)を詰めます。

神経まで達した虫歯

神経まで虫歯が進行した状態。激しく痛むため、神経を除去する根管治療を行います。炎症が進行すると、神経は腐り、死にます。

歯根まで達した虫歯

歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死んだため、いったん痛みは引きます。多くの場合、抜歯が必要です。その後義歯治療などを行います。

虫歯に合わせた治療を行います

食事中に急に奥歯が欠けたことはありますか?よほどの硬いものを噛まない限り、適切に噛み合わせたなら健康な歯は欠けることはありません。このような咀嚼による欠損には、空洞化した虫歯が隠れている可能性があります。

中が虫歯になっている歯は欠損のおそれがあるため、検査で状態を確認し、虫歯の大きさに合せた治療が必要になります。欠損が小さなときはインレーにて治療することが可能です。

欠損が大きい時はクラウンで補綴治療を行います。検査をして、虫歯が神経まで達している場合は神経を除去する根管治療を行います。


虫歯治療のコンポジットレジン

コンポジットレジンは硬質レジンとも言い、歯科用プラスチックの一種です。初診当日か2回の通院で治療が完了し、歯を削る量も少なくて済みます。金属やセラミックの修復物よりは強度が高くありません。また、経年劣化のため摩耗や欠損が起こることもあるため、大きな虫歯や奥歯には別の修復物を使用します。

神経近くまで削ったときは覆髄

虫歯が深いときは、歯の神経が露出するほどかその付近まで削らなくてはならないときがあります。
そのとき、神経が虫歯になっていない場合、神経を保護して詰め物を行うことを覆髄と言います。これによって、歯の神経を抜かずに済み、できるだけ歯を削らない治療が可能です。

神経が感染していたときは
根管治療

虫歯が象牙質を経て、神経まで達していた場合は、神経を除去する根管治療を行います。
これは根管を消毒し、修復物を装着する治療で、消毒には数回の通院を要することがあります。感染した神経は放っておくと根の先が膿むことがあり、いずれは除去しなくてはいけません。

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽に!

075-555-7441

  • お問い合わせ
  • アクセス