スタッフ紹介

院長紹介

西川 理

出身 京都市伏見区
身長・体重 京都イチ小さな歯科医院長
趣味 子育て
特技 ネガティブ思考からの復活
好きな
食べ物
いか、きゅうり
学歴 日本歯科大学新潟歯学部卒業
資格 日本顎咬合学会 かみ合わせ認定医
ノーベルバイオケア サティフィケイト
ストローマンインプラント サティフィケイト
アソアライナー サティフィケイト
第2種歯科感染管理者
京都府歯科医師会会員、日本歯科医師会会員

当院への想い

歯科医師になりたての頃は、いかにきれいに治すかを考えて治療をしていました。そのために、診療が終わったら練習し、本を読んで知識を一つでも多く得ようとしていました。

休みの日には、セミナーや学会に出席し、レベルの高い講師の先生の真似をしていました。誰に見せても恥ずかしくない治療。それが、治療の目標だと思っていました。


しかし、経験を積むにつれ、「本当に患者様が望んでいるものは何か」、「こころから喜んでもらえる医療とは何か」、「歯科医療で患者様やスタッフの人生を豊かにするには、どうすればよいか」を考えるようになりました。

そうすると、これまで自分がしてきたことは、本当の意味の医療ではないことに気付きました。そして、医療とは「人を幸せにし、心を豊かにするもの」であると、自分の中で断言することができるようになりました。


それにはいくつかのきっかけがありました。

一つ目は、子供の治療。

虫歯の治療をしても、彼らからは「ありがとう」とは言われません。彼らからすれば、「痛いことや辛いことをされた」と思っているため、当然、歯医者嫌いになります。その子たちが成人になったとき、どのような心境で歯科医院に来るでしょうか。昔の嫌な思い出を引きずったまま、来院されるのではないでしょうか。ネガティブイメージによって、他の医療機関とは違い、「できれば通いたくない」場所になってしまうのです。

私自身、そこまで自分の歯について困ったことがなかったため、なぜ歯科が行きたくない場所なのか気付くまでに、10年以上かかってしまいました。しかし、時間はかかりましたが、患者様の考えを理解し、「歯科医院を通いやすいところにしよう」と考えられるようになったことは、自分の中で大きな変化でした。


二つ目は、ある経営者との出会い。

ネッツ豊田南国の横田英毅氏の、『会社の目的は利益じゃない。誰もやらない「いちばん大切なことを大切にする経営」とは』という本があります。そこには、医療人としてだけでなく、人としてとても大切なことが書かれていました。

結果ではなく、プロセスこそが評価に値すること、目標より目的が大切であることなど――。

実際に会社を見学し、横田氏の講演を聴く機会があり、そこで改めて「考え方」の大切さを教わりました。


三つ目は、家庭を持ったこと。

奥さんや子供に対する愛情は、無償の愛だと思います。自分の両親が孫を見て喜び、愛情を注いでくれことに損得勘定はなく、ただ「幸せ」があります。本来医療とは、医療人と患者が対等の関係でなければいけません。そこには垣根はなく、お互いの治癒や健康への思いが治療を成功させます。このような考えを持つきっかけを与えてくれたのは家族でした。


以上のような気付きを経て、ようやく理想とする医院のイメージが固まり、それに向けて出発することが出来ました。これまで自分に影響を与えてくれた数多くの人に感謝し、この医院を「幸せを作る場所」として長く存在させていきたいと考えております。

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽に!

075-555-7441

  • お問い合わせ
  • アクセス